うまく使おう、リサイクルショップで家具購入

中古品の分類

新品、アウトレット品

リサイクル店などで表記されている商品の状態の記載について、説明をして行きます。まずは、新品についてです。新品とは、一度も小売りも使用もされてないものです。メーカーの保証があり、不具合や不良品だった場合、交換や修理などが受けられるものです。
次に中古品とは、使用されるか、使用してなくても一度でも小売りされたものです。これは、メーカー保証がなく、不具合などあっても、交換などは対象外になります。(たまにある場合もあり)
次にアウトレット品についてです。小売りはされていないが、正規品としては販売できないもの、型落ちや、規格外、など訳あり商品のことです。中古と違うのは、未使用、転売されていないということです。


中古品、ジャンク品

中古品にも色々な表記がされていて、わからなくなる時があります。新品未使用品、新品未開封、未開封展示品、などの表記があるものは、新品だと思ってしまいますが、一度小売りされたものは中古の扱いになります。使用していないもので、開封してないのに新品扱いではないので、メーカーの保証などは受けられないものがあります。リサイクルショップなどで商品を購入する場合や、オークション、フリマアプリなどで商品の取引をする場合はよく覚えておいてください。
法律上中古品に分類される新品、となります。

次にジャンク品についてですが、ジャンク品とは、欠損品です。壊れていたり、手直しをすれば、何とか使用できそうなもの、という認識です。部品がなかったりして、そのままだと使用できないかもしれませんが、自分でその部分の部品を調達できたりすれば、お得感はとてもあるかと思います。